2005年11月16日

Google デスクトップの保存フォルダを変更してみました

スポンサード リンク

Google デスクトップを使っていてとても助かる場面が多いのですが、ひとつだけ、 大きな問題があります。

それは、起動ドライブ( C: )にかなりのディスク容量を取られてしまう、 ということです。

今朝、C ドライブの空き容量が 500MB 弱となっていたので調べてみたら、 Google デスクトップのインデックスデータが 1.2GB 強ありました。

起動ドライブはなるべく空き容量をとっておきたいので、 インデックスデータの保存先を変更してみました。

インデックスのデフォルトの保存場所は、「C:\Documents and Settings\ユーザー名\Local Settings\Application Data\Google\Google Desktop Search」となっています。

この保存先の変更は、プラグインのTweakGDSで変更することができます。

早速、TweakGDS をダウンロードして作業をしました。

  • TweakGDS.exe を起動すると、次の画面が表示されます。

Help1

赤い矢印部分には、Google Desktop が起動しているとダメだよ、設定を変えたければ再起動しないといけないよ、と書いてあります(たぶん、おそらく)。でも、 Google Desktop を終了させても出来ました。

  •  左のメニューから 「Index Location」 を選んで、 「To change the index location.」の click here をクリックして、 変更したい保存フォルダを指定します。

Help2

これで保存フォルダの変更ができます。Cドライブには1.8GB の空き容量を確保することができました。

ダウンロードはこちらからできます。
TweakGDS


posted by ishida at 12:55 | 東京 🌁 | Comment(8) | TrackBack(0) | Web系
この記事へのコメント
TBありがとうございます。
おかげで助かりました。
Posted by imai at 2005年11月16日 13:19
imai さんへ

コメントありがとうございます。
また、記事中で紹介していただき感謝です。
Posted by ishida at 2005年11月16日 15:43
こんばんわ…☆
Googleデスクトップの重さでちょい悩んでいましたが…TweakGDSというものがあったのですネ!!ヾ(>▽<)ゞ

助かりました!!ありがとうございますっ♪
Posted by りる坊☆ at 2008年05月11日 00:56
りる坊☆ さん
お役に立ててよかったです。

ホントは Googleデスクトップそのもののオプション機能として実装してほしいところです。
Posted by ishida at 2008年05月11日 15:48
これをやってみたのですが、
ファイルが移動できませんというメッセージ
がでて、それ以上進みません。
グーグルディスクトップの一時停止をしたり
終了をしたりしたのですが、やっぱりうまく
いかないですね・・・
Posted by さとうまさる at 2008年09月18日 14:57
>さとうまさるさん

もう一度、グーグルデスクトップが終了しているか確認してください。
TweakGDSのインストール後、再びグーグルデスクトップが起動されている場合があります。
Posted by しげまる at 2008年10月26日 14:07
さとうまさる さんへ

お返事遅くなりました m(_ _)m。

Google Desktop は、終了させる必要があります。
タスクマネージャを起動させて、「プロセス」タブの「イメージ名」項目に、「GoogleDesktop.exe」が無いことを確認してから、TweakGDS の操作をしてみてください。

たぶん、それで大丈夫だと思います。
Posted by ishida at 2008年10月27日 09:34
しげまる さんへ

フォローのコメント、ありがとうございます。
たいへん助かります。

今後ともよろしくお願いします。
Posted by ishida at 2008年10月27日 09:35
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。