2006年12月22日

Outlook Express のBCC アドレスを自動的に入力する

スポンサード リンク

メールソフトの Becky! などでは、BCC を自動的に設定する機能がありますが、Microsoft Outlook Express にはありません。

OEBcc は、 Outlook Express 送信メールの BCC アドレスを自動的に入力してくれるプログラムです。

Outlook Express のメール作成画面のメニュー[表示]−[すべてのヘッダー]で BCC ボックスを表示させておけば、 メールの作成、返信、転送画面が現れた時に BCC アドレスを自動的に入力してくれます。


★特徴
・Outlook Express のメール送信画面の出現を監視し、現れたら BCC を自動的に入力
・BCC アドレスはOutlook Express のアカウントごとに設定できる


★使い方
インストール後、タスクトレイの OEBcc アイコンをクリックすると設定画面が出ます。
・アカウント :設定するアカウントを選択します。
・BCCアドレス :標準ではSMTPアカウントのEmailアドレスが取り込まれています。アドレスを変更したい、複数箇所に送りたい、 空白にしたい場合などに設定します。

設定後、OKボタン又は適用ボタンを押して保存し、実行させておきます。

OEBcc

これで、BCC の入力が便利になります。

★OEBcc のダウンロード
http://www.vector.co.jp/soft/win95/net/se410447.html


posted by ishida at 12:07 | 東京 🌁 | Comment(1) | TrackBack(0) | ユーティリティ系
この記事へのコメント
こんにちは。コメント失礼します。
私は、Power Toys for OutlookというEVOというソフトウェアのアドイン機能を使って、Outlook上でのBCC自動追加機能を使用しています。
簡単に設定できましたし、他にもプッシュ通知対応などたくさんの機能があるのでお値打ちだと思います。
無料トライアルもありますので、宜しければご参考にしてみては如何でしょうか。

https://jp.evomailserver.com/download.php#pto
Posted by よし at 2017年04月05日 14:07
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/30042745

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。