2006年05月01日

Excel 名前ボックス、グループ化、セル内改行の検索

スポンサード リンク

今回、Excel を使っての作業で、いろいろな機能があることを知りました。

★名前ボックス
セルを選択すると、A1とかB3とか表示されるエリアが左上のほうにあります。

これは「名前ボックス」というもので、 セルを任意で選択したときそのエリアに対して「名前」を付けることができます。

そして「名前ボックス」から任意に付けた 「名前」を選択することで、登録したセルのエリアを再び選択状態できます。

ちなみに、メニュー → 印刷範囲 → 印刷範囲の設定 で、印刷したいセルを選択すると、この「名前ボックス」には Print_Area が追加されます。
また印刷タイトルを設定すると Print_Titles が追加されます。

それらの名前を選択すると、セルのエリアが選択状態になります。


★グループ化
セル行を選択して、データ → グループとアウトラインの設定 でグループ化すると、表示/非表示の動作が簡単にできます。
データ処理にはかなり有効でした。


★セル内改行の検索
検索画面や置換画面で、検索対象欄に Ctrl+j を入力します。文字はでませんが、これで検索をするとセル内改行を検索することができます。

知らない機能、たくさんあります(苦笑)。


posted by ishida at 17:44 | 東京 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | Excel
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。