2008年02月23日

アメブロ(アメーバブログ)から引っ越しするためのエクスポートツール

アメブロ(アメーバブログ)には、インポートする機能はありますが、エクスポートする機能はありません。

アメブロ(アメーバブログ)から記事データをエクスポートするツール 『アメブロ ダウンロード バックアップ エクスポート ツール』 (Ver. 0.0.13)を使用して、アメブロ(アメーバブログ)ブログからSeesaaブログ に移行してみました。

★前準備
『アメブロダウンロード バックアップ エクスポート ツール Ver. 0.0.13』は、 コメントやトラックバックのデータもエクスポートできるので、アメブロ(アメーバブログ) 上で迷惑コメント/トラックバックを削除しました。

『アメブロ ダウンロード バックアップ エクスポート ツール』 をダウンロードする
アメブロからの引越しテスト
http://drunken.seesaa.net/

★アメブロ(アメーバブログ) から記事データをエクスポートする
ame-0.0.8.exe をダブルクリックして、アメブロ  ID を入力します。

アメブロ ダウンロード バックアップ エクスポート ツール

「Enter」キーを押すとダウンロード経過情報がスクロール、「end」が出れば終わりです。

「download」フォルダにアメブロ ID 名のフォルダが作成され、その中に記事データがエクスポートされています。

このアメブロ ID 名のフォルダの中の index.html をブラウザで閲覧すると、 エクスポートされた記事データの一覧を見ることができます。

★エクスポートしたデータを MT 形式に変換する
ame_conv_mt-0.0.10.exe をダブルクリックして、アメブロ  ID を入力します。

アメブロ ダウンロード バックアップ エクスポート ツール

「Enter」を押して「end」が出れば変換終了です。

アメブロ ID 名のフォルダの中に3つのファイルが作成されます。
・年-月-日_時_分_秒_mt.txt
・年-月-日_時_分_秒_mt_fc2.txt
・年-月-日_時_分_秒_mt_seesaa.txt

※seesaa ブログ での段落タグ・ 改行タグの扱い
seesaa ブログでは <p> タグではなく <br />タグで見た目を段落っぽくしています。
seesaa 用 MT 形式ファイルは、段落タグ <p> を削除していますが、</p> が残っていました。


★ 「年-月-日_時_分_秒_mt_.txt」 をちょっと修正する
アメブロ(アメーバブログ) で改行で適当に文章の前後を調整したりしていると、その改行も MT 形式のファイルに入っています。

少し小綺麗にしたいので、複数改行は改行1個に一括置換します。

■秀丸での一括置換
検索:¥n¥n+
置換:¥n
※¥は半角文字


★seesaa ブログにインポートする

アメブロ ダウンロード バックアップ エクスポート ツール

MT 形式ログファイルに 「年-月-日_時_分_秒_mt_.txt」 を指定、エクスポートされたデータは UTF-8 なので、文字コードUTF-8 をチェックして、インポートボタンを押します。


ここまでの作業で、アメブロ(アメーバブログ)から 記事データ/コメント/トラックバック を seesaa ブログに移行することができます。 

 

★『アメブロ ダウンロード バックアップ エクスポート ツール』
(「readme.txt」より抜粋)
・アメブロの作りが変わってしまったら、役に立たなくなると思います。
・カスタムしたページは取得できないかも知れません。
・cssや画像は取得していません。記事のhtmlだけを取得しています。

 

posted by ishida at 17:29 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | ブログ ツール

2008年02月11日

無料の PDF ツール『瞬簡PDF ZERO』を使って、PDF のセキュリティ解除を一括で行う

『瞬簡PDF ZERO』は、PDF の生成と、PDF ファイルの結合/分割やセキュリティ設定ができる無償版の PDF ツールです。

複数の PDF ファイルに対しても様々な処理が一括で行えます。

クロセの Web ページ上で、氏名やメールアドレスなどを登録すると無料のシリアル番号が入手できます。

★ クセロ 瞬簡PDF ZERO
http://xelo.jp/xelopdf/pdfzero/index.html

 

『瞬簡PDF ZERO』を使用して、1060 個の PDF ファイルに対して、一括でセキュリティ解除を行ってみました。


『瞬簡PDF ZERO』を起動すると、「クロセ製品のご案内」という Web 上の広告ページが表示されます。
インターネットに接続されていないコンピュータでは利用できないと思う。

 

以下が、セキュリティ解除の設定画面です。

瞬簡PDF

  1. 「セキュリティ解除」のタブをクリックし、ファイル選択を行う。
    ※フォルダの指定はできない。
  2. PDF セキュリティ解除は、「全ての PDF を同一のパスワードで解除する」にチェックを入れる。
    ※今回、対象の PDF は同一のパスワードでセキュリティが設定されている。
  3. 出力先のフォルダを指定する。
  4. 出力ファイル確認は、「上書きする」にチェックを入れる。
    ※バックアップファイルを作成しているため。
  5. 実行ボタンをクリックする。
  6. 「パスワード確認」のダイアログ画面が表示するので、パスワードを入力して「OK」をクリックする。

約90分で、1060 個の PDF ファイルのセキュリティ解除ができました。

posted by ishida at 15:03 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | ユーティリティ系
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。